2010年10月09日

世界遺産で観劇☆

 以前から、気になっていたことがあります。そう、数ヶ月前のOKAに戻ってくるヒコーキの中。テレビプログラムで現役中高生の現代版組踊(日本版オペラ?演劇?のようなもの)に取り組んでいるという番組が取り上げられていました。何だかすごく感動してしまい「一度観てみたいなぁ」と思っていました。
 そんな中、職場の方から声をかけて頂きました、今年の公演の話を…。しかも、今年はOKAの政界遺産登録10周年記念。この組踊が世界遺産の(てか、この組踊の舞台となった城跡の)前で上演されるとの事。これは行くしかないでしょう…。

 夕方からの公演なので、午後5時過ぎに現地に到着。天気も心配しましたが、何とかもってくれました。しかも、今日の公演は某有名な雅楽奏者が共演(あくまで共演ですよ☆)で登場。会場には1000人以上の人がいたように思います。それにしても良くチケットとれたなぁ…。

 DSC02740.JPG

 結構人が多いです。誰かのブログで、OKAの城跡は「天空の城○ピュタに似ている」という記述を見たことがあります。何だか、その意味がわかる気がします。

 そして、だんだんと日も傾きだして、開演直前ですね…。

 DSC02742.JPG

 何だか、城跡も姿を変えていくような気がします。


 そして、組踊開演。

 
 もうねぇ…感動しっぱなしですよ…。15〜18際位の若者達が必死且つ優雅に役を演じています。そして一糸乱れぬ演技に涙が溢れてきました。しかも屋外なので、動きもダイナミックです。何よりも、この地で起きた悲しい内容を同じ場で見ることができる感動…。うまく言葉にならないですね…。
 
 主役は当然高校生。数年間で代替わりしてしまいます。その代その代で組踊の形が変わっていくのでしょう…。

 来年も観られる機会があるのなら、ぜひ、行ってみたいと思いました。

 DSC02745.JPG


 何か、文字ではうまく、表現できませんでした…。とりあえず思いっきり感動したってことで…。
posted by k−441 at 00:00| 沖縄 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。